ECサイト(ネットショップ)EC site

出店側にも消費者にもメリットが大きいネットショップ

ネットショッピングここ最近ではリアルの世界にある実店舗よりも、インターネット上のネットショップの方がはるかに売上げているという企業も少なくありません。

大手企業だけでなく中小企業のネットショップ参入や、決済方法の簡易化、各種メディアでの取り上げなどにより、インターネットショッピングは今や最も身近なショッピング方法とも言われています。

店舗を維持する経費や人件費、大量の在庫を抱えるリスクを軽減し、なおかつ中間業者を介さずにお客様と直接取り引きすることができるので、実店舗で行うよりも商品を安く販売することが可能になります。これは、企業側にとっても消費者にとっても大きなメリットとなり、ネットショップ市場の拡大をさらに加速させている理由でもあります。

現在、「インターネット上で商品を売りたいが方法が分からない」、「運営している通販サイトの業績が悪く改善させたい」ど、ネットショップのことでお悩みでしたら、まずはお気軽にご相談ください。

 

様々なASP・モール・ツールに対応いたします

カラーミーショップ・MakeShop・FC2ショッピング・楽天市場・Yahooショッピング・EC-CUBE

レンタル感覚で手軽にはじめられるASP型のネットショップサービスから、楽天市場やYahooショッピングなどの人気ショッピングモールへの出店、自由度が高く利用料のかからない独自ショップの導入まで幅広く対応いたします。

ご予算や商品点数、将来的な運用方針などを的確にお伺いし、最適な内容をご提案させていただきます。

 

それぞれのメリット・デメリット比較

メリット デメリット
ショッピングモール楽天市場、Yahooショッピング等
  • 独自開発に比べて初期費用が安く、手軽に始められる。
  • 一般的に使われるネットショップの機能を網羅している。
  • サポートが充実している。
  • ショッピングモール自体に集客力があり競争力の高い商品なら開店後すぐに効果が出る。
  • 知名度が高く、安心感がある。
  • 月額利用料に加え、売上金額に対するロイヤリティがかかる
  • 広告費が高額になる場合がある。
  • モール内の競争が激しく、低価格競争になりやすい。
  • 外部サイト(自社公式サイト含)へのリンク禁止など制限が多い。
  • 機能のカスタマイズができない。
  • デザインのカスタマイズも制限される。
  • 出店の際に審査があるので、場合によっては出店できないことがある。
ASP型カラーミーショップ、Makeshop等
  • 費用が非常に安く、最も手軽に始められる。
  • 一般的に使われるネットショップの機能を網羅している。
  • サポートが充実している。
  • 商品点数が多い場合は上位プランが必要になることがある。
  • ASP提供会社のサービス中止リスクが付きまとう。
  • 機能のカスタマイズができない。
  • 外部サイト(自社公式サイト含)へのリンク禁止など制限が多い。
  • デザインのカスタマイズも制限される。
  • 集客や商品PRは独自で行う必要がある。
自社サイトEC-CUBE
  • 月額サービス利用料や、売上金額に対するロイヤリティなどが発生しない。
  • 顧客情報が使えるので売上アップへの戦略がたてやすい。
  • 掲載する内容やリンク規定などの制限がない。
  • サービス提供会社のサービス中止リスクが少ない。
  • システムのカスタマイズが自由にできる。
  • デザインが自由にできる。
  • サイト構築に初期費用がかかる。
  • 集客や商品PRは独自で行う必要がある。
  • システムのカスタマイズなどを依頼する際には費用がかかる。
  • 不具合が発生した場合はサイト管理者で全て対応しなくてはならない。

 

開店後もしっかり運営のサポートをいたします

売上アップショップ開店=終わりではありません。むしろ開店後の運用によって売れるネットショップになるかどうかが左右されます。

弊社では、商品の追加や削除などの管理から、商品の宣伝、集客のためのSEO対策や広告提案、メルマガ配信等、売上アップにつなげるための作業を、忙しいオーナーさんに代わり、ECサイトの運営・管理代行も行っております。

スポット(一部)のご依頼から月契約でのご依頼まで、幅広く承っております。まずはお気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る